Menu

クリニック通信

Home

クリニック通信

第1回 歯科検診のお話

【子供】 3-4ヶ月ごとの健診を

クリニック通信

子供の歯は大人より虫歯になりやすい。
保健所でも一歳半と三歳のときに検診があるが、それだけでは不十分だ。
虫歯になると、進行も大人より早いからである。

だから、3~4ヶ月に1回は歯科医院に行って、チェックしてもらうようおすすめする。
歯と歯の間の虫歯は、お母さんでは見つけにくい。ひどくならないうちに治してしまおう。

「乳歯は、どうせ生え変わるからほっておいてもいいわ」というお母さんがいるが、
大変な思い違いだ。

虫歯は、食べ物を噛む力を失わせる。その結果、胃腸に大きな負担がかかり、体の成長にも影響を及ぼす。
また、後から生えてくる永久歯が虫歯になりやすい弱い歯になったり、歯並びが悪くなったりする。

歯科検診

歯科医院の検診では、虫歯のほかにもいろんなチェックをしてくれる。

・歯の生え変わりの異常や噛み合わせの異常はないか。
・歯ぐきや粘膜に病気はないか。
・余分な歯があって正常な歯の発育を邪魔してないか。
・顎の発育に問題はないか。etc..  などを詳しくチェックしてもらおう。

こうしたこと以外に、検診を通して子供さんのお口の健康を増進し、保っていくためのコツをお母さんに考えてもらうきっかけにもなる。
子供の歯は、形や歯並びなど個性があり、性格もいろいろだ。
一人ひとりの子供に合ったブラッシングの方法など、お口の衛生管理についてアドバイスを受けてほしい。

クリニック通信

虫歯のチェックのみを目的に漫然と検診を受けるだけでは、
虫歯にも打ち勝てない。

子供の歯の検診は、子供さんのお口の健康保持のためのお母さんの
勉強室ともいえるのである。

【大人】 自宅で正しいブラッシングを

クリニック通信

大人でも、正しいブラッシングが出来ていない患者さんが多い。
毎日きちんと正しく行なうことで、虫歯や歯周病は予防出来る。

ブラッシングは歯ぐきや歯間をただ強く磨けばいいというわけでも、
電動歯ブラシを使えばいいというわけではない。

定期健診で正しいブラッシング方法を教えているので、ぜひ受けてほしい。

あらたま歯科クリニック

愛知県名古屋市瑞穂区洲山町2-32 新瑞ターミナルビル3階